読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔が、一番。

ももいろクローバーZさんを筆頭に、アイドルライブ、その他アーティストライブの参戦記や、ライブ情報などを綴っていきます。

ももクロくらぶxoxoバレンタインDENIGHTだ~Z・day1(本編)

2017年、2月11日。

 

横浜アリーナで開催された、

 

ももいろクローバーZさんの

レギュラーラジオ番組

ももクロくらぶxoxo

の恒例バレンタインイベント

ももクロくらぶxoxoバレンタインDENIGHTだ~Z・2017

 

に、参戦しました。

本編は、グダグダファースト、と銘打って、

台本なしのコント?芝居を中心にステージを展開するという構成。

 

その合間に、歌あり、公開ラジオ放送あり。

 

盛りだくさんなステージでした。

 

冒頭は、

 

先日18歳の若さで夭逝した、

 

私立恵比寿中学のメンバー・松野莉奈さんへの

 

追悼の辞を

 

リーダー・百田夏菜子さんから

 

粛々と述べられ、

 

一旦退場してから、

 

仕切り直し、

 

以下のセットリストで展開されました。

 

・セットリスト
M01:ももいろパンチ

M02:事務所にもっと推され隊 (推され隊)
M03:
シングルベッドはせまいのです (ももたまい)
M04:
だってあーりんなんだもーん (あーりん)

M05:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
M06:走れ!
M07:Z女戦争
M08:ザ・ゴールデン・ヒストリー
M09:ツヨクツヨク
アンコール
EN:青春賦

 

コントの舞台は

ホテルの一室。

 

最初のコントは、百田夏菜子玉井詩織の両人による、

 

ももたまいの、相部屋。

 

最初にどちらが先にお風呂に入るかという順番を決める為に

 

ゲームで勝敗を決める展開。

 

なんでもそつなくこなすしおりんに対して、

 

かなこちゃんは

 

翻弄されてグダグダ発動。

 

たたいてかぶってじゃんけんポン、

 

飛行機飛ばし、

 

PPAP

 

スイカわり。

 

ことごとく、かなこちゃんは敗れました。

 

そのあとは、

 

高城れに有安杏果の推され隊の出番。

 

なかなか寝付けないれにちゃんが、熟睡していた杏果を起こして、

 

自分を早く寝かせてくれとムチャブリをする展開。

 

とにかくこの、れにちゃんの、ももかをもてあそぶ絶妙な展開が

 

本当に台本なしでやっているのか!?とおもえるほど

 

しっかりとした展開で

 

めちゃくちゃ笑えました。

 

以前のれにちゃんや、ももかでは

 

対応できなかったであろう

 

縦横無尽なアドリブ劇が

 

見事に展開されていました!

 

特に、れにちゃんの、

 

お父さん・お母さんが

 

夜中に金縛りにあって

 

大声で叫んで

 

それを聞いて目が覚めたエピソードが秀逸でした。

 

恐るべし高城DNA。

 

そして、ももかが今はまっていることが、

 

クレソンであることを明かし、

 

鯛の刺身と一緒に食べると

 

めちゃくちゃおいしいことを

 

嬉々としてしゃべるとき、

 

ももかのテンションが急に上がったのを観て

 

うわうわうわwww

 

と思わずにいられませんでしたww

 

 

そして満を持して

 

佐々木彩夏、あ~りんの独り舞台。

 

ここまでくるのに相当時間がかかったので

 

あ~りんも

 

登場早々、

 

「あー、長かった。」とぼやく。

 

あ~りんは、自撮りをうまくとりたいために、

 

いろいろと試行錯誤。

 

そのうち、かなこちゃんを呼び出し、

 

自撮り対決をするという展開に。

 

まず、あ~りんが会場の照明を利用して

 

デコが光る奇跡の写真が撮れたのに対して、

 

かなこちゃんが、

 

それを上回る

 

光り輝くデコ写真を撮ってしまったという奇跡の上塗り。

 

さすがリーダー。

 

持っている。

 

最後は全員出演で、

 

ゲストにバイきんぐの二人を迎えての刑事コント。

 

犯人捜しをするという展開の中、

 

犯人は似顔絵がうまいという話の流れで

 

お絵かき対決。

 

ゲストの小峠さんをメンバー全員が書いた時

 

それなりにみんなうまくて、

 

そんなに跳ねなかったんですが、

 

お題が

 

ドラえもんになり、

 

その時の

 

杏果画伯の衝撃的なドラえもん

 

会場騒然となりました。

 

さすが。

 

そんな笑いでいっぱいになったステージでしたが

 

セットリスト後半の

 

ツヨクツヨクと

 

青春賦。

 

これは、

 

りななんへのレクイエム。

 

特に青春賦の歌詞

 

一節一節が

 

とても胸に沁みました。

 

http://j-lyric.net/artist/a055516/l034e58.html

 

泣きたくて泣きたくて仕方が無かったですが

 

当のももクロさんたちのほうが

 

何万倍も泣きたかったに違いないのに

 

嗚咽もなく

 

最後まで立派に

 

唄いあげ、

 

最後に

 

かなこちゃんの満面の笑みで締めた姿は

 

笑顔でりななんを送りだそうという

 

彼女なりの精いっぱいの気持ちだったととらえたいです。

 

今回のバレンタインイベント・裏。

 

全体を通して非常に完成度の高い

 

素晴らしいステージであるとともに

 

このイベントの数日前に亡くなってしまった盟友を悼む

 

とても意義深いイベントでありました。

 

(追記:セットリストの中に、乙女戦争を披露した時に、

 

メンバーが口々に、

 

いい歌だね・・・本当だね・・・と

 

しみじみとコメントしていたのを聞いて

 

同行した相方さんが

 

乙女戦争は、りななんが好きだった曲だったんじゃないでしょうか?

 

という感想に

 

ひょっとしたらそうかもしれない、という想いを巡らせました。

 

そして、

 

イベントを締めくくるBGMには

 

松任谷由美さんの「あの日にかえりたい」

 

青春賦とリンクする

 

メッセージが込められていたと思います。)