読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔が、一番。

ももいろクローバーZさんを筆頭に、アイドルライブ、その他アーティストライブの参戦記や、ライブ情報などを綴っていきます。

ももクロ春の一大事・DAY2

4月9日、ももクロ春の一大事、2日目。

15時開場の時には、さんざんしつこく降っていた雨もようやく止んで、

どうにか合羽を着たまま

参戦しなくても済みそうなくらいまで天気は回復してきました。

 

でも、まだまだ油断のならない曇天模様。

そして、ぬかるみには違いない現状で、

なんか1日目と違った意味で、

一抹の不安を引きずったまま現場に臨むことになりました。

 

今回われわれが引き当てたブロックは、

け!

あいうえお、かきくけこ、と仕切られたブロックだったので、

ステージから離れた場所かな?

と事前認証で若干思いながら、いや、

大宰府で開催された男祭りのときには、

数字が早いからといって前列のブロックに

誘導されるとは限らなかった、という経験則もあり、

実際現場に入ってみるまでわかりませんでした。

 

結果、ステージ上手側、最前列ブロックでした!

まさかの二万人ライブステージで

かなりの良席ブロックを引き当てることができました!

先日のバレンタインイベントが

超神席だっただけに、今後しばらくは

良席には恵まれそうにないな、と勝手に見切りを付けていた矢先での

事だっただけに、余計に嬉しかったです。

 

あとはオルスタあるあるの、厄介客が周囲にいないかを祈るのみ。

結果、ももクロのライブにおそらく初参戦であろうという

おそらく地元の富士見市民の高校生

(服装とか、サイリウムとか、まったくモノノフでない、普通の恰好をしていたので)

が前列に割り込むように入っていて、多少いらっとともしましたが、

少し避ける余裕のあるブロックだったので、

あとは自分の見やすい位置にポジションを移して、

ライブに臨みました。

 

2日目も、1日目と同様に、

セトリに出し惜しみがありませんでした。

 

ただ、1曲目にカントリーローズとか・・・

ちょっとパンチが弱い・・・

 

ももクロのライブは1曲目に何で来るか?

というのが毎回毎回の楽しみでもあるので、

この選曲は多少残念でした。

 

せっかく1日目、

元、富士見市民だった

有安杏果凱旋を思わせる滑り出しのセトリだったので、

もっと有安色を出した曲を1発2発かましてくれればよかったのに、

と思いました。

1曲目ゴリパンとか、ある意味ベタな選曲ではあるけれども、

ベタに徹してくれた方が良かった、とおそらく

モモノフ(有安推しのモノノフ・紛らわしいので一般の方にはわかりづらい呼称)

はそう思ったに違いありません。

 

もしくは、ツヨクツヨクとか、むしろ終盤でしか聴かない曲を1曲目に持ってくるとか。

 

2曲目のツヨクツヨクという組み方は、一昨年の夏ライブ・桃神祭2015一日目で経験済みなので、

確かに前半になかなか披露しない曲とはいえ、驚きは少なかったです。

 

セトリ全体をみてみると、

やはりももクロの曲で上がるのは、

5TH DIMENTIONで発表された前後までの曲が

自分的にツボであり、

ドームツアーにひっさげてきた

AMARANTHUSU

白金の夜明け

のアルバム曲では、

正直、う~ん・・・というところで、

 

せいぜいライブで使える曲といえばゴリラパンチとマホロバケーション

次点でWE ARE BORNぐらいかな?

 

青春賦とか、希望の向こうへ、とか、桃色空とか

しっとり系の曲は、良曲が多く、

それはそれでライブのセトリの組み方次第で

今後有効活用していただきたいと思います。

 

最近、ももクロさんの曲の選手層が薄いような気がして、

他のアイドルグループに遅れを取っていかないか

勝手に心配している次第であります。

 

それは、ゴールデンヒストリーとか、シングル曲にも言えることで、

つまり、ここ最近のももクロさんの曲には

コレコレ~!!という琴線に触れる曲が非常に少なくなってきている、ということ。

置きに来るような収まりのいい曲では無くて、

もっと、弾けて、熱くなる、

これぞももクロだ!

という新曲が発表されるのを切に願うばかりです。

 

もしくは、もう諦めて、もっとベタに、

過去の財産を有効活用するように

ももクロライブでは、毎回必ず

黒い週末、Chai MaXX、労働賛歌、怪盗少女、サラバはマストのセトリとして

やっていただければ

何の不満もありません。

 

 

(あくまで個人的な趣向の問題なので、

この意見に全く同調しない方々も多々いらっしゃると思いますが、

少なくとも私とずっとももクロライブを観戦してきた相方さんも全く同意見でした。)

 

 

 

・セットリスト
overture
M01:カントリーローズ -時の旅人-
M02:ツヨクツヨク
M03:ゴリラパンチ
M04:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
M05:DNA狂詩曲
MC
M06:行く春来る春
M07:マホロバケーション
M08:桃色空
M09:いつか君が
M10:黒い週末
パフォーマンス
M11:青春賦
M12:WE ARE BORN
M13:堂々平和宣言
MC
M14:PUSH
M15:希望の向こうへ
M16:Chai Maxx
M17:愛を継ぐもの
MC
M18:走れ!
M19:Link Link
M20:Guns N' Diamond
本編終了
アンコール
EN1:DECORATION
EN2:行くぜっ!怪盗少女
MC
EN3:灰とダイヤモンド
EN4:あの空にむかって

 

自分勝手な批評はさておき、

今回は、飛行機の関係もあり、途中退場を視野に入れての

ライブ参戦だったので、アンコール前に帰ったため、

 

2日続けて怪盗少女が観れなかった、

夏菜子ちゃんのえび反りジャンプが観れなかったのが残念でした。

 

そして、2日目も、あの空にむかってで締めてくれるとは、

贅沢。

 

この模様はDVD化されたときに是非また復習したい、補完したい、と思います。

 

で、全体的に、

 

2日目は

 

あ~りん回だったなと、そういう印象が強かったです。

 

まず、あ~りんが自動車免許を取得できたという報告が。

免許を取ると発表があってから、

実際取得するまで意外と時間がかからなかった気がします。

 

あとは、あ~りんソロコンサートが

8月25日、26日の2days,

両国国技館で開催されるという発表で、

あーりんとうとう土俵入りされるということで、

というメンバーからのいじりが。

 

あーりん体は仕上がっているから、といういじりのかぶせがひどい。

ご本人もいじられることをいやがりながらもまんざらでは無いご様子でした。

 

あ~りんのポジションも変ったな~

 

いつの間にか女ジャイアン的なキャラに変ってしまったのか?

 

簡単な経緯を述べると、

圧が強い、というキャラから派生してそこから腕力も強い、と

肉づけされて、現在に至る。ということ。

 

ただ、あ~りんはあのルックスで、あのサバサバ感で、

本当に嫌味が無い、

古今まれにみるブリっ子アイドルとして

成功した唯一のキャラだといっても過言ではない、

そんなことを改めて認識した回でした。

 

ともあれ、

ももクロ春の一大事2017、

初日は飛行機の大幅な遅れで、

ももクロ現場初の大遅刻をしてしまったことと、

2日目はももクロ現場で初の途中退場して帰ってしまったということ、

この2点を経験してしまった

自分にとって忘れ難い一大事の冠にふさわしい現場でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ももクロ春の一大事・DAY2、その前に。

4月9日。

朝からなかなかの降水量の埼玉。

ももクロ春の一大事、2日目、大丈夫か?

 

まさかの合羽を着たまま雨模様でのライブになるのか?

不安でいっぱいの午前中。

 

今回は、昨日と違い、埼玉にいたときの友人をももクロのライブに誘い、

また、違う知り合いに車を出してもらい、

現場に入る途上、

山田うどんでパンチ&ラーメン定食を食し、


f:id:egaogaicchiban:20170422170112j:image

英気を養い、

富士見市第2運動公園までやってきました。

 

12時を過ぎていても現場は、雨が止まず、

地面はぬかるみに次ぐぬかるみで、

靴は泥まみれになることが予想されていたので、

あらかじめ、スーパーのビニール袋を靴にかぶせ、簡易靴カバーを施し、

いざ、最悪のコンディションの現場に足を踏み入れました。

 

荷物を持ったままライブ会場では入れないので、

あらかじめ用意されたクロ‐クで1000円払って荷物を預かってもらいました。

 

それにしても、クロ‐ク1000円とか、めっちゃ高いやん。

ほぼ全員のお客さんがクロークを利用するであろうから、

1000円×20000人=20000000円・・・

に、二千万円!?ビニール袋だけで!?

 

それに、クロークの荷物を管理する人達のバイト代を差し引いても、

一人10000円×20人=200000円として、

テントのレンタル代、一番大きい3m×6m1体が2泊3日で23000円

それが20体(多めに見積もって)

23000×20=460000円

 

ひも付きポリ袋45リットル

100枚で約2000円。それが20000枚として、

(20000÷100)×2000=40000円

 

まあ、ざっと経費

200000+460000+40000=250000円を差し引いても、

20000000-250000=19750000円!!!!

愕然とする経済効果!!!!

たかが、ビニール袋だけで!

長々と不毛な試算をしてしまいましたが、

人が集まるということ=お金を落とす=とてつもない経済効果を生む

とかねがね思ってしまいます。(ダジャレではなく、純粋にそう思います)

 

まあ、さておき、ひととおり現場に臨む準備の一段落が着いて、

さきほどのアイドルフリーライブステージに戻りました。

 
f:id:egaogaicchiban:20170422170155j:image

ここで、衝撃的な現場を目撃することになろうとは!

 

アイドルの力量というのは顕著なもので、

やはり、一生懸命パフォーマンスしているには悪いけれども

ずっと無名のアイドルは、ずっと無名なままであるだけの理由があるし、

これから有名になっていくであろうアイドルは、

まだ単に知名度が無いだけだという当たり前の事実。

 

下手でもなにか光るものがあるアイドルは、ステージから目が離せなくなるし

あまりにも下手すぎて目も当てられないアイドルもいました。中には。

そんな中、

名前は知っていたが初めてそのパフォーマンスを観たグループがいました。

 

あゆみくりかまき

 

3年前、代々木第一体育館で、GIRLS FACTORYに参戦した帰りに、

 

熊のかぶりものコスプレをしていたアイドルの卵が

自分たちのプロモーションをかねてチラシを配っていました。

 

そのこたちが、あの、あゆみくりかまきだったのだと。

 

今回ステージに現れた彼女たちは、

赤いワンピースで、ふとももをあらわにした衣装で登場。

 

そして、黒地に白い字でAKMと書かれた旗を持ってきて、

めっっちゃ観客を煽っていました。

 

そして、パフォーマンスのダンスがとにかく激しい!

かつ、キャッチーでもありました!

新曲であるゴマスリッパーという曲は、

たむらけんじ氏作詞で、

振付も、左右にゴマをする動きで、モノノフ達も思わず反応してしまいました。

 

ライブの持ち時間が終了してみると、

まだ雨も止んでいないというのに、

そのステージには今までみたこともないほど観客を呼び入れていました!

おそらく300人くらいはいたと思います。

 

これは今まで数々のアイドルたちがももクロさんのライブの前座として

フリーライブステージでパフォーマンスしてきましたが、

初の快挙だったといえます。

 

ももクロさんと同じ事務所の後輩グループである3bjrとか、

私立恵比寿中学の妹分である桜えび~ずとか、

直属の後輩だからそれなりにモノノフの間では知名度もあるグループよりも、

事務所も違えば知名度もモノノフには全然無名に等しい彼女たちが

初見のパフォーマンスだけでこれだけの人をあつめたということが

凄いと思いました。

 

彼女たちは、売れる!

そう思わざるを得ない逸材がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ももクロ春の一大事・DAY1の後の感想戦。

ももクロ春の一大事、1日目が大団円で終わったとたん、

 

現場では雨が降り始めました。

なんというタイミング!

 

退場する間には、

有安杏果さんと佐々木彩夏さんが

川上マネージャーさんと一緒に

ステージ上で

日テレの情報番組、JIP!用に

コメントを取っていた様子。

 

雨が降ってこなければ最後まで見ようと思っていたのですが

いろいろ混雑する事も予想され、また、このライブ後も

仲間内で感想戦と題した飲み会も催す予定でしたので

後ろ髪をひかれる思いで現場を後にしました。

 

(特に有安さん推しの相方さんは私以上にその気持ちが強かったと思います)

 

帰りも、行きと同じように

私が埼玉にいた時お世話になった知り合いの車で

志木駅まで送ってくれました。

 

そこから、今回の感想戦の会場、

 

要町からほど近い、

インド料理店・サティア。

 

福井の杏果推しの方が主催で、このお店は

3年前の国立競技場での感想戦でも使わせてもらいました。

 

私と相方さんは、到着したのが21時40分ごろ。

一番到着が早かったです。

 

先に注文をして良かったということだったので、

ようやく落ち着いた我々は、ビールと、サラダを注文。

 

ここ1週間体調を崩して自然と禁酒していた自分にとって

久しぶりのビールはこたえました。

 

やっと旨く飲めるまで回復できていたのか。

 

相方さんとは、今回のライブの感想そっちのけで

先日ガイシホールでのライブを成功させたチームしゃちほこの

感想を伝えて、

円盤化した折にはお貸しするように約束しました。

 

 

彼も、私とのよしみで、チームしゃちほこのライブには何回か同行していただき、

しゃちほこのだれ推しというわけではありませんが、あえていうなら

てばさきミドリ・坂本遥奈ちゃん

ういろうイエロー・伊藤千由李ちゃん推しのようです。

 

そうこうしているうちに、

ようやく22時過ぎに、

主催者の福井ノフさんが、

お友達2名を引き連れて到着。

 

そして、ふたたびビールと、

本格的にカレーと、ナンと、サラダを注文。

 

今回は、やはり夏菜子ちゃんの涙が話題に。

そして、夏菜子ちゃんが出演していた朝ドラ、

べっぴんさんの感想についてが話題の中心に。

 

23時過ぎて、新潟ノフの夏菜子ちゃん至上主義推しの方も合流。

いっそうべっぴんさんトークに拍車がかかりました。

 

私もべっぴんさんを観ていましたが、

前前回の朝ドラ、とと姉ちゃんよりあまり感情移入できなかったというか、

けっこう飛ばし飛ばしで観ていたせいか、

一行が繰り広げるディープな視点での

べっぴんさん論にうまく入ることができませんでした。

 

それでも、主要キャストが20代なのに、

一貫して60代まで演じるようになったことに

対しての違和感とか

おおまかな側としての視点については同調することができました。

 

これはとと姉ちゃんとかでもそうでしたが、

10代20代の主人公、もしくはその周囲のキャストが

老け役を演じるということはいくら髪型とか服装とか

外見をそれに合わせる以上に

あとは演技力でカバーしていくしかないという厳しさがあるという点。

 

歴代の朝ドラの中でも、たとえば、

昭和の伝説のドラマ、おしん

とかは、それぞれ、年齢によって主人公の女優さんが変って演じたり、

井上真央さん主演の、おひさま、では

最終回に主人公とその友人がお年寄りになった時のキャストが話題になったり、

 

今回の感想戦の9割は朝ドラ論争に終始してしまいました。

 

私といえば、ビールを4,5杯飲んだだけでかなり憔悴してしまいました。

やはり病み上がりにひさびさのビールはやばかったです。

 

でも、久しぶりに、それこそ3年ぶりに勢ぞろい出来たモノノフ仲間さんたちと

こうして酒を交わして

忌憚のない意見を交わすことができる場を設けることができることが

素晴らしいなとおもいました。

 

特に、最近、仕事で精神的に弱っていた私のメンタルに

 

ももクロさんのライブと

仲間たちとのトーク

非常に元気をもらえたことに

ただただ感謝です。

 

 

 

ももクロ春の一大事2017in富士見市・DAY1

ほうぼうのていで途中入場した

ももクロ春の一大事。

 

ようやくライブに参戦することができ、

開場に通されたのは

上手奥側のブロック。

天候は今にも降り出しそうな曇天模様。

 

ももいろクローバーZさんの野外ライブでこんな悪天候は珍しい。

しかも、午前中は埼玉は少し雨が降ったらしく、

会場の床のコンディションも少し湿っていた感じが。

 

しかし、気温は思ったほど寒くなく、着重ねてきたのが杞憂に終わった模様。

 

今回のももクロさんのパフォーマンスに少し気になる点が。

 

リーダー、百田夏菜子ちゃんと、ピンク担当・佐々木彩夏(通称あ~りん)の

声が、ややかすれていて

あまり出ていない、というか少し風邪気味なんじゃないか?

 

と思うほど少し不調な感じがして、

ここ最近ちっとも心配しなかった

ももクロさんの超安定していたパフォーマンスに

久しぶりに一抹の不安を抱きながらライブを見続けることになりました

 

でも、そこはさすが、歴戦のつわものと化していたももクロさん、

終盤になるにつれてエンジンがあったまってきて、

鉄板曲の

Chai  Maxxに差し掛かるときには

 

もう大丈夫だ!

コレコレ~!!これが観たかった~!!

 

というセトリが次々と。

 

特に感動したのが、

最後のMCの時の

夏菜子ちゃんのコメント。

 

国立から3年、笑顔の天下を取りたいと言ってからあっという間な感じがして、自分の言った言葉の重さや大変さやりがいを感じています。

(ここでしばらく無言の時間が続いて・・・)

・・・おっと・・・こんな予定じゃなかったのに…幸せだなと思って、そしたら胸がキューッとして・・・

 

と、涙目になってまた言葉を詰まらせていました。

 

夏菜子ちゃんが涙をステージで見せることは、滅多なことではない。

 

前回は、バレンタインイベントの初日、

 

私立恵比寿中学のメンバー・松野莉奈ちゃんが亡くなったことへの追悼メッセージを

述べた時。これは盟友を亡くした哀しみの涙。

 

3年前に見せた涙は、

 

あの国立競技場の時の最後の宣言、

 

私たちは、天下を取りに来ました。でもそれは、アイドル界の天下でもなく、芸能界の天下でもありません。みんなに笑顔を届けるという部分で、天下を取りたい。そう思います。これからもずっとずっと、みんなに嫌なことがあっても、私たちを観て、ずっと笑っててほしいです。

 

歴史的名言!

 

私はこの挨拶を聴いた時に初めて人目をはばからず号泣しました。

 

この発言をしていた時に、

現場では聖火台に上っていて米粒のように小さかった夏菜子ちゃんは

DVDでの映像の時に涙を浮かべていました。

 

この時の覚悟の涙。

 

今回はそれを受け継いで3年たった時の、自分たちの歩んできた道を

たどっての結果として

 

笑顔をみんなに届けてきたことに対する誇りとしての涙。

 

百田夏菜子ちゃんは、滅多なことではステージで涙を見せたことが

無いのに、

 

今回のこの涙を見せたことが

 

ももクロ春の一大事にふさわしい一大事でした!

 

今回のももクロライブのセトリは、出し惜しみしていないな、

 

と全体的な流れをみてそう思いました。

 

・セットリスト
overture
M01:words of the mind
M02:ゴリラパンチ
M03:行くぜっ!怪盗少女
M04:DECORATION
M05:ザ・ゴールデン・ヒストリー
MC
M06:マホロバケーション
M07:D'の純情
M08:サボテンとリボン
M09:全力少女
M10:WE ARE BORN
パフォーマンス
M11:青春賦
M12:サラバ、愛しき悲しみたちよ
M13:5 The POWER
MC
M14:「Z」の誓い
M15:デモンストレーション
M16:Chai Maxx
M17:走れ!
MC
M18:コノウタ
M19:行く春来る春
M20:LinkLink
本編終了
アンコール
EN1:仮想ディストピア
EN2:ツヨクツヨク
MC
EN3:希望の向こうへ
EN4:あの空にむかって

 

ちなみに、途中入場した私が聴けたのは

M07曲目のD'の純情

から。この曲も多分、国立以来久しぶりに聞いた気がします。

 

そして、このライブの良かった点を最後に2、3点。

M11:青春賦

の前に、地元小学生による合唱。そこからの、ご本人登場、青春賦。

空一面に舞い散るシャボン玉。

野外ライブならではの演出。

 

バレンタインイベント以来、この曲を聴くたびに

違った意味を持つようになって

今回も泣きそうになりました。

 

M12:サラバ、愛しき悲しみたちよ

途中入場していて気付かなかったのですが、

布袋モデルギターを掲げていたギタリストが、

元ジュディ&マリーのTAKUYAさんだったこと。

 

なんと今回が初のサポートメンバー参戦だったみたいです。

なんか、以前に絡んでいたかのような錯覚が。

おそらく、私立恵比寿中学にハイタテキ!という曲を提供していたから

そんなにはじめまして感がなかったので、これは私の思い違いでした。

 

EN4:あの空にむかって

 

この曲も、ドームツアー千秋楽

西武ドームの最後の最後の曲で披露して以来

ここぞという時にしか聴けない超レア曲となってしまったのですが、

まさか、ここで聴けるとは。

これも私にとっては一大事でした。

 

 

 

 

 

 

ももクロ春の一大事、現場に行くまでの一大事。

 

2017年4月8日。

あの伝説の、国立競技場でのライブから、

3年ぶりに

ももいろクローバーZさんの春の一大イベントが帰ってきました。

今回の現場は、

有安杏果さんが幼き日を過ごした

埼玉県富士見市にある

富士見市第2運動公園。

もともと埼玉に10年住んでいた自分にとっても

なかなか足を運ばない土地で、

アクセスもものすごく悪い!

と、一抹の不安をずっと抱いたまま、

当日を迎えることになりました。

 

当日を迎える前に、5年ぶりに体調を崩し、

1週間ずっと風邪をこじらせていた私は、

最悪のコンディションの中、

また、夜勤明けというダブル、トリプルと体力を消耗した状態で、

北九州空港へ向かいました。

11時35分発、羽田空港には13時10分到着の予定、

だったはずが、

なんと!

当日の悪天候により、

合計2時間の遅延!

ありえん!

現地での開場が15時からなのに、

羽田到着が15時とか、もうぎりぎりアウトやん!

 

空港に足止めをくらっていた

ビジネスマン風の男性客が

このアナウンスが流れた時に

CAさんにめちゃめちゃ切れていました。

 

当然と言えば当然。

だがしかしこれは天候による不慮の事故なので

責任の所在が難しい。

責任者をだせと息巻いていたその男性客の

その後の対応がどうなってしまったのか

わかりませんが

私も

2時間も足止めをくらって

しかもこの体調不良。

もうグラグラきましたよ。

 

私なりの予防線として

当日、帰りの車を頼んでいた、埼玉にいた時に世話になった知人に

行きも連れて行ってもらうように

なんとか事前に交渉成功しました。

 

それよりもなによりも、

今回も同席する数々のももクロ現場に一緒に参戦してきた

相方さんに申し訳ない!

 

彼にも事前に遅刻することは必至だということを詫び、

 

非常にやきもきした気持ちのまま、

北九州空港を出発したのが、13時50分!

ほぼ14時やん!

開演が17時なのに、もう今回は絶対に間に合わんやん!

 

思えば、ももいろクローバーZさんのファンとなって、

2012年の西武ドームの夏のバカ騒ぎに初参戦して以来、

ももクロさんの現場には

遅刻、途中入場ということは一度もなかったのに、

なんたる失態!

 

事実、

羽田に到着したのが

16時。

埼玉の知り合いには、志木駅で17時に拾ってもらうように

逐一連絡して調整してもらうようにしていたのですが、

 

ここでも、足止めをくらう事故が!

 

羽田から、品川乗り換えで池袋へ、そこから東武東上線で志木へ行く予定でしたが、

大崎から品川にかけて人身事故があり、

京急蒲田直行が大幅に遅延していて、

仕方が無いので

京急蒲田を降り、JR蒲田へ。

 

徒歩で870m!

ほぼ1kmやん!

 

も~!!!!!!

足も、魚の目のパッドをはっていて、歩くたびに痛むし、

東京も雨模様だし、

最悪のコンディションのオンパレード!

 

ここまで最悪な状態がずっと続きっぱなしで逆に笑えるわWWW

 

息も絶え絶えな状態な中、

ようやく志木に到着したのが17時すぎ。

やっと知り合いの方にも会えて、

車で現場の富士見市第2公園のすぐ近くまで連れて行ってもらいました!

 

知り合いの方の車の助けが無かったら、

現場到着がさらに遅れていたであろう所、

 

なんとか17時30分ごろに到着する事が出来ました!!

 

現場に行くまでもまだ10分強歩いて、(そのときは走って、)

その途中で、ももクロさんたちの自己紹介のMCがもうすでに始まっていて、

現場入場前に声だけ聴くのは、

こんな感覚なんだということを

初めて体験しました。

複雑な気持ち。

そして認証入口付近で相方さんと無事合流できて、

ようやく現場入りしたのが17時45分ごろ。

 

て、まだ本編も始まったばかりだというのに

既にライフゲージがほぼゼロベースな状態で

ライブにのぞむことになったのでした・・・

 

本当に自分にとっての春の一大事でしたわWWW

 

 

 

 

 

 

 

Road to 笠寺~チームしゃちほこ・日本ガイシホール


f:id:egaogaicchiban:20170325211418j:image
2017年3月21日。

 

名古屋在住のアイドルグループ・チームしゃちほこの

 

長年の目標であった

 

日本ガイシホールでのライブに参戦しました。

 

夜勤明け、荒天の名古屋、夕方になったら底冷えのする気候、

全ての条件が積み重なり

私のモチベーションはダダ下がりでありましたが、

 
f:id:egaogaicchiban:20170325211157j:image

f:id:egaogaicchiban:20170325211117j:image


f:id:egaogaicchiban:20170325211220j:image

事前の物販でマフラータオルと、パンフレットと、生写真を買うと、

 

その中に、紫パープル(仮)・大黒柚姫ちゃんの直筆イラスト入りサインが入っていました!

 
f:id:egaogaicchiban:20170325211023j:image
f:id:egaogaicchiban:20170325211035j:image

一おしではないがこれはこれで嬉しい!

テンションちょい上がり。

 

そして、開場時間から20分ほど押してようやく会場へ入場。

 

私の今回引き当てた座席は2階席I-17列目。

 
f:id:egaogaicchiban:20170325211240j:image

これが意外とサブステージの真正面というなかなかの良席。

 

すこしテンションが上がりました。

 

そして、いよいよ開演。

 

出囃の曲は、しゃちほこライブおなじみの

 

BlurのSong2

yotu.be

ふーふー、言いたいやん。

 

そして、ステージ真中に白い衣装に包まれたローラースケートで登場した少女。

近視の私でもどうやらしゃちほこのメンバーではないのがわかりました。

また、メインステージから同じく白い衣装の女の子が一人。

またもやしゃちではない。

 

いわゆる演出上のプロローグ。

 

そして、いよいよメインステージから、チームしゃちほこ登場。

 

新アルバム・おわりとはじまり収録

 

プロフェッショナル思春期からのスタート。

 

ただ、冒頭部分で一旦曲は終了。

 

以下、セットリストです。

 

01.プロフェッショナル思春期(Aメロ)
03.ちぐはぐランナーズハイ
04.J.A.N.A.I.C.A
05.ピザです!
06.ごぶれい!しゃちほこデラックス
07.Chérie!
09.colors
10.レディオにおねがい(大黒柚姫坂本遥奈ユニット)
11.でらディスコ
12.首都移転計画
13.いいくらし
14.秘密のセレナーデ(秋本帆華咲良菜緒ユニット)
15.愛の地球祭
16.乙女受験戦争
17.そこそこプレミアム
18.It's New 世界
19.ザ・スターダストボウリング
20.抱きしめてアンセム
21.なくしもの
22.ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
23.泣いてなんかいないよ(伊藤千由李ソロ)
24.プロフェッショナル思春期
25.START
 
アンコール
01.マジ感謝
 
新アルバム全曲を披露するわけではなく、
 
従来のしゃちほこのライブ定番曲を中心としたセットリスト。
 
しかし、新旧織り交ぜてしゃちほこの曲の幅が
 
さらに広がったという印象を受けました。
 
ただ、私的には、ソロ曲、ユニット曲は蛇足であったかな・・・
 
という感も否めませんでした。
 
しかし、ライブの演出とか、構成は、いままで観てきたしゃちほこのライブ、
 
ひいては、他のアイドルのライブの中でも、1、2を争うほど
 
素晴らしく、楽しく、そして感動しました!
 
その中でも特にここはしゃちほこらしい!おもしろ!
 
と思った場面をいくつか抜粋。
 
(その1)
 
7曲目・Chérie!のなおちゃんパートで、全員がどっかいってしまいそうな
 
なおちゃんをひきとめる振付をする場面があったのですが、
 
衣装がちょうどほのかちゃんの頭にかぶってしまい、
 
ほのかちゃんが笑いながらキャー、と楽しんでいたところ。
 
(その2)
 
15曲目・愛の地球博で、しゃちほこちゃんたちと今回バックダンサーとして
 
参加した各地方営業所の後輩ちゃんたちが、ムカデ競走のように一枚で連なった
 
緑の衣装で足並みそろえてサブステージまで歩いて行ったところ。
 
ばかばかしくもこういう手作り感&一体感のある演出がほのぼのしていて
 
とても面白かったです。
 
(その3)
 
そして、中央サブステージでその緑のムカデ?がぐるぐる円をまいて中心にいた
 
しゃちほこちゃんを覆って、次の瞬間、早替えしたしゃちほこちゃんが登場し、
 
代表曲・乙女受験戦争へと突入するくだり。
 
今まで、この曲でいろいろな演出で遊んできたのを観てきましたが、
 
歌舞伎にも似たケレンミのある演出は初めてでした!あっぱれ!
 
そして、横へ縦へと立体的なフォーメーションを駆使し、サビでは
 
ほのかちゃんが私たちがいる席のステージで歌ってくれて、
 
入れ替わりにいちばんの見せ場ではちゆがやってきて、
 
そして下手から上手へサブステージを走り抜けるといった
 
今まで見た中で一番舞台を広く使った乙女受験戦争。脱帽。
 
ただただ楽しく素晴らしかったです。
 
(その4)
 
プロフェッショナル思春期、2回目が始まる時、冒頭と同じ衣装で、
 
同じメインステージから登場。
 
1回目では色が付いていなかった真っ白なステージが、6色に彩られ、
 
衣装もチェンジし、メインステージからサブステージへとランウェイをあるいていく
 
しゃちほこ。ここでもフォーメーションを駆使し、カッコよく渡っていくさまは
 
あるいみしゃちほこらしくないけれども、こういうカッコよさも見せることが
 
出来るんだ、と改めて感心しました。
 
(その5)
 
アンコール。マジ感謝。
 
この一連の模様はYOUTUBEでアップされたのでご覧になっていただくと
 
早いのですが、
 

youtu.be

 

デビュー当時からの目標であった日本ガイシホールでの公演が

大成功し、

 

次の目標が、ナゴヤドーム前矢田

 

動員数どうのこうのは、やはり対外的にエンターテイメント界では

 

人気のバロメーターを図るわかりやすい目安になるわけで

 

一回のライブでナゴヤドーム満員に出来るほどの動員数を達成できれば

 

まちがいなくしゃちほこは日本を代表するアイドルへと成長していることでしょう。

 

とにかく、今はガイシホールでのライブ成功、おめでとうございます!

 

と、声を大にして言いたい!

 

この現場に着くまでいろいろありましたが、とにかく参戦できて良かったです!

 

 

ameblo.jp

 

 

ameblo.jp

 

 

ameblo.jp

 

 

ameblo.jp

 

 

ameblo.jp